海外キャッシング時の手数料 金融機関即日お金借りるには

海外キャッシング時の手数料

万が一海外でキャッシングを使用することになったら、注意することはどんなことでしょうか。

 

海外で現金が必要になった場合、ATMなどですぐに融資が受けられる海外キャッシングはとても便利な存在です。

 

キャッシングの方法などを前もって調べておいてから海外旅行に出かけることで、予測しなかった出来事があっても対応できるのではないでしょうか。

 

キャッシングを海外で使用する場合、3種類のお金が借入金額より多くかかることになります。

 

3種類の別にかかるお金は、キャッシングの利用料金、ATMの手数料、為替レートの変動による差額となっています。

 

ATM利用料とは、日本でいうと他の銀行ATMを使ってお金をおろしたときにかかる手数料です。

 

それほど大きな金額になることはまずないので、あまり気にかける必要はないといえます。

 

キャッシングの利用料金も、日本国内でキャッシングを利用する時と同様にかかる手数料のことです。

 

日本円と現地通貨の交換レートが、為替レートというものです。キャッシングを国外でする場合、借りるのが現地通貨で、返済は日本円ですることになるでしょう。

 

それぞれのカード会社で、交換レートはTISレートを基準に、上乗せ金額が決定しているそうです。

 

例をあげるとすれば、

 

TISレート+4%がCITYBANK、TISレート+0.5円がVISAカードなどです。

 

差は以外と大きいので、海外でキャッシングをする可能性がある場合は事前に調べておくといいでしょう。